2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お勧め商品

治療家関係にお勧めの本・DVD

生体エネルギーの探求

2013年11月10日 (日)

妻の治療前後の脳波

妻の治療前後の脳波です
症状としては脳の緊張がとれにくい
リラックスしにくく、疲れがたまりやすいなどあります。

グラフ一番上のARTIというのがノイズを示し
測れない状況です。β波よりも緊張度合いが強いです
α波はリラックス状態です
θ波は瞑想状態に近い状態です。深いリラックス状態を示します

写真一番上が治療前・・・かなり力んでいる印象です
2番目は治療直後。変化してきた状態です
3番目は治療3分後状態です。凄いですよ瞑想してないのに瞑想状態
とてもリラックスしていることがわかります

01001_2

02001_3


2013年11月 5日 (火)

施術前後の脳波

施術前後の患者の脳波です

施術前(上のグラフ)は
ARTIというノイズで測れていないところが多く
つまり乱れが多いうことになります
そしてα波つまり、リラックス度が低い

術後のグラフ(下)は
ARTIがほとんどなくなり
α波優勢となりましたθ波も増えています
かなりリラックスした状況と言えるでしょう。

結論としては術後、力が抜けてリラックス状態になることを示します

Nouha001

2012年2月 3日 (金)

頭痛からの復活

頭痛から復活しました~~~

で、脳波測ってみると・・・

おおお!!

アルファ波優勢です~~~

脳のノイズが消えた模様。

_1010893

_1010897


頭痛と脳波

今朝は頭のエネルギーが乱れていて
頭痛がしています。

それで頭痛の時の脳波を測ろうと思ったら
エラーが出て測れない。

脳のノイズをちゃんと感じている模様。


1時間後

頭痛が軽くなってきたので
再度脳波測定。

_10108881

_1010891

いやぁベータ派が盛大に出ています。
やろうと思ってもできないっすよ~~~

頭痛は脳の磁場を乱すってことですね


2012年1月30日 (月)

今朝の脳波

今朝の脳波。
大半がアルファ波とシータ派でリラックスしています~

治療家の脳波が患者に伝播するので
治療家はリラックスしていないとね!!

_13097171

_1309719


2012年1月29日 (日)

脳波計

脳波計が到着しました!!

これから各セラピー、や様々な刺激と
脳波の関連の研究を進めていく予定です

わくわくします!!!!

_1299710

_1299714


2012年1月15日 (日)

スーパーサイバートロン

P1151225

写真は変性意識状態にするための機械
「スーパーサイバートロン」

視覚と聴覚で脳に働きかけ瞑想状態などに導くものです。

これは19年前、高校に進学するときに買ってもらったもの。
押入れから引っ張り出したら無事動いてくれました。
今晩使ってみようかな?

そういえば中学のころから「気」に興味を持ちだして
高校の頃は様々な書籍をあさったなぁ

周りから見たら昔から変わった人だったんでしょうね(汗

興味のある方は
治療前に言っていただければ
時間のある時は体験できるかも!?


2011年2月 4日 (金)

フィシオエネジェティックの検査

フィシオエネジェティックでは
身体の歪みで検査します

まずはベッドに仰向きで寝てもらい
ノーマルで身体の歪みがないことを確認します
F01na_2
↑こんな感じです

たとえば頭の調子が悪いとしましょう
その場合
頭に一度触って
すぐに姿勢を確認します

F03na_2
すると、身体に少しの間、歪みが現れます。

身体は本能的に
 身体に合わないものや
 身体の悪い部位に触れると
拒否反応として
緊張を起こすと考えられます。
(先日の食べ物がその顕著な例でしょう)

この検査が、治療を進めていく上で
かなり役立ってくれるのです。

やっていることは基本的には
キネシオロジーと変わりありません、が
意識して力を入れる必要もなく
力を抜いた状態で検査をすすめていくことができるのです


ただ、あまりに問題の大きい人や
問題が身体の何箇所にもある場合
はじめからすんなりと検査に出てくれないケースもあります

そのような場合は検査の準備が必要になってきます




2011年2月 3日 (木)

食べ物で身体が緊張する!?

先日、屋台のようなお店で
あるものを食べました。

あれ~?
これはこんな味だったかな?
今日は不思議な味がする・・・

まぁ、たいした事ないか、と
完食したのですが・・・

30分後
家に着いて
ゲホゲホ・・・
あれ?
アレルギーの症状???

アレルゲンは摂ってないはず。
うーーーん

それから
車を運転していると

あれれ???
今度は右足の外側がつぱってくるぞ!?

なんだろ?
身体が部分的に緊張してる!!!

その食べ物はいろんな理由があって
合わない、と身体が判断したのでしょう。

しかし、身体が拒否反応を示すと
こうも緊張するものなのかと

改めて思い知らされたような、そんな経験でした。


そういえば高校生の頃
昼ごはんに、とある弁当を買って食べたのですが

部下が始まり練習中・・・
あれ!?
力が入らない!!!
どうしたんだ!!!????

という事がありました。

食べ物と身体は密接に作用します
身体が喜ぶものを食べたいですね


アプライドキネシオロジー(AK)

マイミクさんより
難しい~~~と、ご指摘受けたので

アプライドキネシオロジー(AK)について説明します

AKというのは「筋力テスト」みたいな感じなのですが
ちょっと、それだけではありません。

たとえば左手を鼻に持ってきて検査すると
調子悪いときは腕が下がりやすかったりします↓

Hana

あれ!?
力が弱い!?
何故だ!!!!という感じで。

身体の部位以外のテストですと

左手に何か体に良さそうな物をもって
右腕を水平に伸ばして力を入れます

Ak1

検査する人はその水平に伸ばした腕を下方向に押す↓

Ak2

↑と、いうような感じで。

すると、体に良いものなら、腕が下がりにくくなる…と

あれ!?
力が入る!!
どうして????

と、まあ
そんな感じの検査です。

そんなバカな!?と
思う気持ちもあるかもしれません

ところが、本当に変わるんですよ!!
不思議なくらいに!!

なぜだーーーーという具合にですよ!!



より以前の記事一覧