2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お勧め商品

治療家関係にお勧めの本・DVD

« 食べ物で身体が緊張する!? | トップページ | フィシオエネジェティックの検査 »

2011年2月 4日 (金)

症例-頚椎ヘルニア

先日、頚椎ヘルニアと診断を受けた患者さんが来ました。

顔は下を向いたまま
上を向くと辛い、と

指の感覚も痺れて
触った感覚もあまり感じない。。。と

これはかなり悪い・・・

検査をしていると
やはり首が全然回らない

これは大丈夫かな?と
とにもかくにも
うつ伏せで施術をスタートです

首の下の方の筋肉が
カチカチにこわばっているのが確認できます

そこをラベンダーとオイルでゆっくりトリートメント
少しずつ血流が良くなっていく感覚がします。
(エネルギーが回ってきたかな?)

次に、脊椎を矯正、、、ですが
あまりに悪い状態

矯正はするべきか、しないべきか

首を矯正した方がいいのか身体にたずねると
NO!サイン。

しかし、背中の上の骨は矯正できるか?と尋ねると
OKとのサインが。

今回は背中の上の脊椎のみを矯正です。
バキッ!!っと動いてくれました。

そして、気になったのが心。
バッチフラワーレメディに反応を示します。

選択されたレメディは「ロックウォーター」

そのレメディの意味は
自分に対して厳格な固定観念があり
内面を抑圧してしまうような人に対し、岩を少しずつ丸くしていく、と

その患者さんは、説明していくうちに何か気付かれたようです。

そこで治療終了。

あれ?・・・

あれれ?・・・

頭の位置が違う!?
頭を上げれる!!!と
手の痺れもなくなったようです

身体はかなりいい反応を示しています。

だけど、これは治療の一歩なのかもしれません

« 食べ物で身体が緊張する!? | トップページ | フィシオエネジェティックの検査 »

症例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 症例-頚椎ヘルニア:

« 食べ物で身体が緊張する!? | トップページ | フィシオエネジェティックの検査 »